美しいものに触れる
暮らしが変わる

下にスクロールできます

暮らしの中で触れることでわかるもの。
その価値と心地よさ。

はじめまして。
『暮らしの宿 てまり』は、「もの」が主役のお宿です。

倉敷の美観地区に、『ゆきかい』と『おいとま』という二つの棟をご用意。
どちらも一日一組限定のお宿です。

古くから日本、そして岡山・倉敷に息づいてきた伝統、素材、技法。
その粋が現代的なかたち・デザインで表現された品々を揃えました。
その良さは、ただお店の棚で手に取るだけではなく、一晩を過ごしながら手でふれて、使ってみることで初めて分かるものでもあります。
ぜひご自身で、その息づかいや心地よさを感じてみてください。

昔から脈々とつづくものを感じる、ささやかな喜び。
伝統の上に新しく生まれたスタイルを発見する、ちょっとした楽しさ。
それらを感じる暮らしこそ、きっとこれからの時代の豊かさにつながるはずです。

url()
写真:うつわ
写真:倉敷ガラス(透明)
備中和紙
写真:ちゃぶ台
写真:電傘

本当に大切なものに立ち返る宿。
毎日をすこしだけ心豊かなものに。

世の中には加速度的にモノと情報が増えています。

ただ、果たしてそれらは全て必要なものでしょうか。
それらがあまりに大量であるがゆえに、本当に大切なものを見失ってはいませんか。
私たちがここで揃えたのは、作り手の思いが明確にあり、素敵な物語がある品々ばかりです。

それらを手に取ることで、暮らしの中で大切にすべきものを振り返ってみませんか。
旅を終えてからも、日々の暮らしが少しだけ豊かに感じられるような、そんな余韻が心に残るような宿でありたいと思っています。

url(写真:)
暮らしの宿てまり メインの和室とちゃぶ台

民藝運動が盛んだった倉敷の地で。
美観地区の中心で過ごす、豊かな時間。

倉敷は、1948年に日本で二番目の民藝館が建てられた、民藝運動が盛んな町。

柳宗悦を支援しながら寄付によって日本民芸館をつくった実業家・大原孫三郎、そして倉敷民藝館をつくったその長男・大原總一郎の生まれの地です。

そうした気質が今も脈々と受け継がれている町で、こうした『暮らしの宿』に泊まっていただくことには特別なものがあると考えます。

なによりも、美観地区の中心で、その町並みを眺めながら過ごす時間は、日常とは切り離された体験。

ぜひ、私たちの宿での安らぎと発見を、ご自身の日々の暮らしに持ち帰ってください。

url(倉敷美観地区、倉敷川の川舟流し)
倉敷美観地区の夕暮れの風景
倉敷美観地区の、冬の夕暮れの風景

お宿のご紹介Our Inns

『暮らしの宿 てまり』は、倉敷美観地区に、それぞれ特徴の異なる二つの棟がございます。
美観地区の中心にある『おいとま』と、美観地区のはずれにある『おいとま』。

どちらの棟も一日一組限定で、プライベートな時間と空間をお楽しみいただけます。

『ゆきかい』は美観地区の中心にある棟。美観地区の日々の移ろいをすぐ近くで感じられる、大人3名様までの小さなお宿です。

暮らしの宿 てまり「おいとま」

『おいとま』は美観地区のはずれにある棟。二階建てを貸し切って、最大9名様まででおくつろぎいただけます。

どちらの棟にも、スタッフが岡山そして日本中から厳選した手仕事の品々を揃えています。
また、どちらも元は古民家だったつくりと柱や梁を残しながら、現代風にリノベーションしたお宿です。
どうぞそれぞれのお部屋で、美観地区に流れる時間の流れを感じてみてください。
以下のページでお部屋の様子を詳しくご紹介しています。

「ゆきかい」の詳細 「おいとま」の詳細

アメニティAmenity

アメニティには、シンプルながらも使い心地のいいものを選びました。
この宿で過ごす時間がすこしでも快適なものになりますように。

バスタオル、フェイスタオルとドライヤー

脱衣所の洗面台にはLEAF & BOTANICSの化粧水、乳液、ハンドソープをご用意

コットンと綿棒

シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプーはTHE PUBLIC ORGANICのもの

歯みがき粉と歯ブラシ

暮らしの宿てまりのナイトウェア

ナイトウェアは大人の男性用と女性用をご用意しています

アクセスAccess

『暮らしの宿 てまり』の『ゆきかい』は、倉敷美観地区のほぼ中心にあります。『美観堂』の2階が宿になっています。
入り口は、「有鄰庵」と「美観堂」の間の、細い路地。
分かりづらいときは、お電話ください。

086-486-2225

アクセスの詳細